FX取引を行うには、なぜ為替相場が変動するのかを理解しておく必要があります。

そして、毎日流れる世界の政治・経済ニュースを見聞きし、為替相場の変動の方向に敏感にならないとFXで利益をあげることは難しくなります。

一般的に、世界のお金は長期金利の低い国の通貨から長期金利の高い国の通貨が買われる方向へと流れていきます。

これは、金利の高い国の通貨であれば利息による運用利益が高くなるからです。

ただし、為替相場に影響を与えるのは現在の金利差ではなく、将来の金利差が大きな影響を与えます。

仮に金利の高い国の通貨に対して、日本のような金利の低い国の通貨では円安になるのが一般的ですが、既に金利差が為替相場に対して織り込み済みであると為替相場は円安が進行するとは限りません。

ところが、将来、金利差が大きくなるという予測がでると、その通貨に対する円安が進行します。

また、貿易収支も為替相場に影響を与えます。

日本のように、輸入よりも輸出が多い貿易黒字の国では、輸出代金をドルやユーロで受取り、その通貨を自国の円に両替しなければならないので、円買いのニーズが高まり円高要因になります。

その他、各国の政治的な安定や経済力が強まるとその国の通貨の高くなり、逆になると弱くなります。

このように為替相場に影響を与える政治、経済、社会的な動向は日々変化するための為替相場もそれにつれて変動することになります。

これらの、為替相場の変動を予測するにはファンダメンタル分析を用います。