株式投資では、売買できる株式が証券会社によって異なると言うことは、ほとんどないと言っても良いのですが、FXでは売買できる通貨ペア(円でドルを買う・売る、円でユーロ買う・売る、ドルでユーロ買う・売るなど)はFX取引事業者で、その通貨ペア数が大きく異なっています。

円、ドル、ユーロなどの主要な通貨は多くのFX取引事業者で売買可能ですが、FX取引事業者の中には売買できる通貨ペアの数は10に満たないところがあります。逆に、売買できる通貨ペアの多いFX取引事業者では、その数は150を超えています。

このFX取引事業者であれば非常にマイナーな国の通貨でも売買可能となります。はじめてFXを行うときは、主要な国の通貨以外はあまり売買することはないと思われますが、主要な国以外で、何らかの理由があって特定の国の通貨を売買したいときは、その国の通貨が円やドルで売買できるかを事前に確認することが必要となります。

尚、10通貨ペア程度であっても、例えば、アメリカドル/円、イギリスポンド/円、ユーロ/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、オーストラリアドル/円、ニュージーランドドル/円、ユーロ/アメリカドル、イギリスポンド/アメリカドルなどの主要な国の通貨ペアでも売買は全てのFX取引事業者で扱われているので問題なく売買可能と考えて間違いありません。

売買可能な通貨ペアは、例えばUSD/JPYのように表記され、通貨ごとにどのように表記するかが決まっています。

USDはアメリカドルでJPYは日本円の略語です。また、円でドルを購入する場合を表わしたいときは、JPY/USDと表記します。購入する通貨を右側、支払う通貨を左側に書きます。