FXで売買するレートやタイミングという投資判断を決定するときに参考になるのがチャートと呼ばれる過去の為替レートの値動きを価格と時間を軸にしてグラフにしたものです。

取引を行うFX取引事業者のホームページでは必ず見ることができるようになっています。

グラフ化されていることで、為替レートの動きが簡単に把握できます。

しかし、現在より先がどうのように推移するかを予測することは非常に難しいですが、チャートを参考にしてある程度の動きを予測することができます。

チャートを読み取る力を身に付けることは、FXで利益を上げることとイコールになります。

チャートにはたくさんの種類がありますが、一般的には基本となるのはローソク足と言うグラフです。

このローソク足には、1日、1週間、1ケ月と期間を変えて、その期間内の

高値:期間内でもっと高い値段
安値:期間内でもっとも安かった値段
始値:市場が始まった時に最初に付けた値段
終値:市場が終わるときに最後に付けた値段

の4つのレートから作られます。この4つを「四本値」は呼ばれます。

これらを表わしたグラフから、将来の為替レートがどう動くかを予測する考え方がたくさんあり、これらの知識を身に付けることで精度の高い予測が可能になります。

ローソク足以外にも、移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、RSI、ストキャスティックス、MACDなどのチャートがあり為替レートの予測に利用することができます。