中国の通貨である人民元は2005年6月までは1ドル=約8.28元の固定相場制となっていました。

しかし、近年の中国の目ざましい経済成長に伴い実質的な人民元の価値は1ドル=2元との見方もでるくらいで、中国政府の輸出産業保護政策によって長く人民元の固定相場制が継続されてきました。

ちなみに世界銀行の試算による購買力平価では、1ドル=約8.28元は人民元が約1/5の評価に押さえられているとの見方もできるようです。

従って、2005年6月までの人民元と円の交換レートの変遷は、円/ドル相場の動向によって決まっていた訳です。

その後、2005年6月に中国政府はついにに人民元の通貨バスケット制の導入を発表し、実質的に人民元の切り上げに踏み切りました。

この人民元の実質的な切り上げは、対中貿易赤字の増大に苦しむアメリカ政府の圧力が最も大きな要因でしたが、一方で人民元を1ドル=約8.28元の低い水準に据え置くための中国政府の為替介入の負担が大きく成り過ぎたことも通貨バスケット制の導入の要因と考えられます。

2005年6月に約7,000億ドルだった中国の外貨準備高は、2008年の段階では1兆8,000億ドルに膨れ上がっていたからです。

従って、今後も中国政府は経済成長と自国の輸出産業の保護と対米貿易黒字額と外貨準備高を微妙に調整しながら、年間で5%程度の小幅な人民元の切り上げをおこなってソフトランディングさせていくものと思われます。