5月29日財務省の安住財務大臣は、東京と上海の外国為替市場で円と人民元の直接取引を6月1日から開始すると発表しました。

同時に中国の中央銀行である中国人民銀行もこのニュースを発表しています。

近年、中国はアメリカを抜いて日本にとって最大の貿易相手国となり、中国にとっても日本は外貨導入の最も重要な相手国の1つとなっています。

これまで、人民元と円との取引はドルを介して行なわれていた為、手数料が二重となって高い上に手間が掛かりその上ドル相場の動きに影響されるという難点がありました。

今後、円と人民元の直接取引が開始されることよって、投資や貿易の業者の利便性が更に高まることは間違いありません。

今回の円と人民元の直接取引開始のメリットは様々ですが、まず、商社や銀行・証券会社等の貿易や投資関係の日中の企業が為替変動のリスクや為替取引のコストを軽減できるため、貿易や投資の促進が加速することが考えられます。

また、今回の直接取引開始が日本と中国の金融市場や財政市場の安定と今後の発展に寄与することは間違いありません。

更に、世界の金融市場に於いても、円と人民元の影響力を高める効果が期待できます。

直近の欧州債務危機に於いてはユーロとドルが売られ基軸通貨の不安定化が懸念される中で、円と人民元の直接取引が開始されたことは非常に有意義なことです。

そして、イギリスやシンガポールよりも中国が日本を最初の直接取引相手国として選択したことは、尖閣諸島問題等のギクシャクした外交関係はさて置き、中国が経済的に日本を重要視している証と言えます。

今後、日本の投資家の中国株投資や、中国投資家の日本株投資のコストが下がり利便性が上がることは間違いありませんし、FX取引でもオフショア人民元/円の取引が開始されて活発な取引が期待されています。