小額から始めよう!FXはリターンも大きいですが、リスクも大きい取引です。まずはリスクの少ない小額から始めるのがいいでしょう。

スプレッドの狭い業者はココだ!FXでの取引手数料は今や無料です。実質の手数料に当たるのがスプレッドです。このスプレッドが狭い業者がお得な業者と言えます。

人気のバイナリーオプションリスク限定で相場が数分後に円高か円安かを予想するだけ。時間も掛からないし、予想すれば後は結果待ちで時間を拘束されないのが人気。

自動売買で稼ぐ!稼げるストラテジを選ぶだけで後は遊んでいても仕事をしていても取引ができる自動売買。システムを無料で提供している業者を掲載。

自分で売買ルールを作る!いつもゴールデンクロスとMACDのサインを見ながらトレードしているという風なテクニカル指標トレードをしているなら自分で売買ルールを作って見よう。

窓埋め戦略で稼ぐ!『埋まらない窓はない』という格言もあるくらい高確率で埋まる窓を週一のチャンスを狙ってトレードして稼いでみよう。

編集部の実際に使用して厳選したFX口座ランキング

FX業者の謳い文句やカタログスペックなどを見てどこでFX口座を開設するの決めると思いますが、実際の使用感・スペックはそれとは掛け離れていることも多々あります。

編集部では沢山のFX口座を所有していますが、実際にトレードしてトレード手法や相場に応じて口座を使い分けています。その中で実際に使い続けている口座をランキングでご紹介します。

      1. 外為オンライン iサイクルが人気!

        外国為替証拠金取引の外為オンライン
        通貨ペア数 24通貨ペア
        米ドル/円 1.00銭原則固定(例外あり)
        最小取引単価 1,000通貨

        直感的な操作で取引できる外為オンラインの取引ツールは初心者でもマニュアルが要らないくらい簡単に操作できます。
        5年連続取引高ナンバーワンがその使い易さの証拠になっています。早くから手数料ゼロ・スプレッド1銭を実施しており、トレーダーからの支持を受け続けているからこそこの低スプレッド時代にも取引高ナンバーワンになれるのです。
        トレーダーなら誰でも持っている外為オンラインで直感操作でのトレードを体感してください。

      2. GMOクリック証券

        通貨ペア数 19通貨ペア
        米ドル/円 0.3銭原則固定
        最小取引単価 10,000通貨

        人気のバイナリーオプション『外為オプション』と業界最高峰のスプレッドで口座数を伸ばすGMOクリック証券。
        使い易い取引ツールはスピード注文も実装し、値動き激しい時でもスピード注文が出来ます。
        スマートフォンアプリの充実によりいつでもどこでも取引できて、人気の『外為オプション』用のアプリもあるのでいつでもどこでもバイナリーオプションが楽しめます。

      3. FXトレード・フィナンシャル 業界一多彩なサービスの業者

        通貨ペア数 21通貨ペア
        米ドル/円 0.3銭原則固定(例外あり)
        最小取引単価 1,000通貨

        FXトレード・フィナンシャルでは業界髄いつの多彩なサービスがあります。そのサービスは4種類。

        • らくらくFX
        • MT4
        • バイトレ

        他社に少ないらくらくFXバイトレには注目です。らくらくFXは他にないサービスで『上がる』か『下がる』かを予測するシンプルな取引。バイトレも国内バイナリーオプションの中ではその多彩ぶりは群を抜いています。

      日銀が導入したマイナス金利で為替相場はどうなる?

      日銀が導入したマイナス金利は、本来存在している金利をマイナスの数字にすることにより、手数料という形に変更されるパターンになります。

      預けている金額については、本来金利によって利子が生まれることになりますので、基本的には戻ってきたときに得をしていることが多いです。

      マイナス金利は、預けるときに手数料が発生することにより、受け取っている側が得をしているような状態になっています。

      一見すると損をしているように思われますが、民間の銀行ではなく、日銀が金融機関から受け取る際に、マイナス金利を適応させていると考えてください。そのため普通の預金では影響はありません。この方法によって、様々な方向に影響が出ることになります。

      為替相場への影響

      為替相場にも影響が早速出ており、本来は円安傾向になりやすいとされています。投資などが促進されることにより、経済を示す指標がよくなるので、円安になって企業に利益を得られるとされています。

      しかし現状では、それ以上に世界経済の不安さがあるので、円高傾向になっています。株式相場も同様であり、本来はマイナス金利によって上昇することになり、株式投資が活発的に行われることは間違いありません。

      しかし実際のところ、世界経済の不安定なものと判断されていることによって、上昇したり大きく下降するような状態が続いています。普通であれば上昇基調に戻るとされている手法です。

      長期金利については、マイナス金利によって金利自体が小さくなるとされるので、あまり儲けが期待できない形になります。そのため株式などの投資を促進させて、景気に与える数字を大きくしようと考えているのが今回の方法なのです。

      眠っているお金をどんどん利用させることによって、景気を刺激して安定させるために行っていることですが、今回成功するかどうか微妙なところで、それ以上に世界経済の減速が懸念されています。従って効果があるのかを見るためには、今後の世界情勢に懸かっている部分もあります。